誹謗中傷対策として考えておくこと!基本的な考え方

一つの方法として無視すること

様々な誹謗中傷があります。特にインターネットの普及によってそれが強く起きやすい環境が出来ているといえるでしょう。その対策の一つとして、無視をする、というのがあります。本人が出てくるから問題になる、更に炎上する、ということがありますから、それをしない、という決断です。これが意外と効果的なこともあります。適当な時期になりますと沈静化することがあるのです。それを狙う、というのも対策としては十分にありでしょう。

個人ならば問題はないが

個人ならばそうした無視をする、という方法でもよいでしょうが企業ではそうもいかないのです。どうしても売上や評価に影響してくることになりますから、何らかの具体的な対策をしないといけない、ということになります。では、どうすればよいのか、といいますと一人か二人、或いは煽っているサイトを訴えましょう。そうすれば確実にかなり沈静化することになります。言い方は悪いですが、見せしめ行為をすることなのです。これが効果的といえるでしょう。

管理人に通告すること

掲示板なりSNSで風評被害が起きているでしょうから、その管理者に対策をしてもらう、という方法もあります。これも難しいことではないです。事実関係が確認された場合、普通の管理人であれば対処してくれます。但し、裁判所命令を持ってきてくれ、といってくるところもありますから、その際には弁護士に相談するしかないでしょう。費用がかかることになりますが、それでも実害を蒙っているのであればやるしかないことになります。

近年はSNS等ネット上で「ありもしない噂」を流されるケースがあります。ネットの中は広く個人で対処するのは難しいので誹謗中傷対策は業者に頼むと良いです。