インターネットにおける誹謗中傷の効果的解決法

誰でも被害の可能性があります

心当たりがない誹謗中傷については、迷惑といえます。火のない所に煙は立たないなどといわれていますが、火のないところに、火が来てしまう事が有り得るのが、ネットの恐ろしいところです。他人と勘違いしているケースもあれば、偶然暇つぶしの標的にされてしまったバリエーションなど様々なケースがあります。しかしながら、ネットが全世界に関わりあっている以上、どんな人でももたらされる可能性はありますので注意が必要です。

出来るだけ早く対処しましょう

まず第一に、中傷を行なった人物の個人データをできる限り集めましょう。ホームページでしたら、アクセス解析からいわゆるIPアドレスを記録しておきます。仮に活用しているサービスにおいて誹謗中傷されたなら、サービスの管理者に発信者に関する情報を要請します。書き込みの中身が悪影響を及ぼすものであれば、一般的に発信者に関する情報の開示を拒否されることはないといえます。とにかくできる範囲で相手を把握しましょう。

最終的には法律による手段も考えましょう

行き着くところは個人を明確にしないと、無駄になるだけですから、プロバイダに向けて情報公開のための請求をします。プロバイダ責任制限法の発信者の情報開示のガイドラインに適した請求であることが求められますが、不利益を負わせる虚偽の事実関係が拡散されたというようなケースは、請求に関する必要な条件に、当てはまります。国の法律に関しての手続きが難しいなら、インターネット事件を、取り扱う弁護士に依頼しましょう。

ネット内では相手の顔が見えないため、本人が気が付かないうちに暴言を書いてしまう事があります。ネット誹謗中傷にならないよう、自分でも注意しながら気持ちよく書き込みましょう。