もらってうれしいトロフィーと、場を盛り上げるトロフィー

もらってうれしいのは単色系

トロフィーには、授賞式の場を盛り上げるという大事な役割もあるんですが、せっかくならもらったトロフィーを自宅に飾って置きたいですね。飾って置けるトロフィーと、場が盛り上がるトロフィーって違うものですが。飾っておきやすいのは、単色の、できればシルバー系のがいいですね。部屋のインテリアになりそうです。シルバーはあまり主張しない色だから、どんな室内にもマッチしそうです。デザインもオーソドックスなほうがいいですね。

場を盛り上げるには派手で奇抜に

授賞式で盛り上がるようなトロフィーというのは、派手で奇抜なものですよね。色もゴールドが基本で、赤とか目立つ色がいろいろ配色されてることが多いです。デザインも、その受賞内容をシンボリックに型どったもので、その場に居合わせた人はたいていどよめいて拍手喝采となるわけですが、もらった後はどうなるか心配にもなります。人それぞれで、そういうのを好む人もいるんでしょうが。トロフィーの主旨は、場を盛り上げることですからそれもやむなしでしょうか。

盛り上がっても心の中では

人の好みは千差万別とは言え、やはり誰が見ても造形的に美しいというものはあるでしょう。そういうトロフィーを選べる人というのは、一目置きますけどね。ただ奇をてらったといったふうなトロフィーをもらっている人を見ると、その後のトロフィーの行方が想像されて、ちょっと複雑な気持ちになります。でもトロフィーを選ぶときって、そういう奇抜な選択をする人の意見が通りやすいですからね。正統派のトロフィーは少なくなる一方のようです。

トロフィーは、主にスポーツの試合や競技大会において勝者に与えられる優勝カップのことをいいます。色は金色のものが多いです。