研修にもいろいろあるんですね。イメージが変わりました。

「研修」ってなんだか微妙な言葉です・・・。

研修。この言葉はなかなか怖いです。憂鬱って思う人もいるかと思います。えっ!楽しかった人とか、参考になった人もいます?それはよかったですねぇ。うらやましいです。ただ、研修って厳しいんじゃないかとか、あやしいセミナーみたいなのを思い浮かべちゃったり、そもそもどうして参加しなくてはならないのか意味がよくわからない、などのあんまり良くないイメージをもっている人たちも多いんじゃないかと思うんです。企業なんかも対策を考えているようです。

例えば会社の研修についてどう思いますか?

ただ、不景気などの影響で社内研修等ををやめたり減らしたりする企業が増えているそうです。経費削減ですね。ただそれでいいのかって考える人もいるんですね。企業側からすれば、研修に受け身であまり研修の意味を考えない社員のために、なぜわざわざお金やエネルギーをかけてまで行う必要があるのかと思うんですって。それも一理ある・・・。企業側と社員側はやっぱり隔たりがあるんですね。でも新人研修なんかも大事だという人もいます。企業側と社員側の理解が深まるっていうんですね。特に受講者が好奇心旺盛で、疑問を解決しようと思うような姿勢があれば。厳しい経済状況のなかでも行われる研修に参加できるのなら、過去の経験で決めつけず、何か新しい発見が必ずある、と無理にでも意識を変える方がチャンスがつかめるそうなんです。

せっかくだから研修を活用しよう。

研修に参加するのは若い人も多いですよね。新人の人とか、若手の期待されている人とかですね。そういう人たちにとっていろいろな経験から学ぶ姿勢をもつ、基本的なことを身につける、といったことは大切ですよね。そして業界について知る、職種に応じた知識をもつ、などのことも必要ですね。そして、自分にとっての仕事の意味を考える、段取り力をつける、周囲との協力のしかたを身につけます。それをふまえて今度は次の人材を育成できる人になる、こういうのが理想のコースですよね。で、そういう人材になるために研修のを活用するんです。研修って奥が深いんですね。

社員研修は社員のビジネススキルを向上させることを目的とします。長期の合宿型と短期のセミナー型があります。社員として必要な知識を身につけ、それをビジネスでよく発生する場面で活用する方法を学びます。